カスタマイズ性


レンズ一眼レフカメラの特徴は、撮影シーンによってレンズを交換できる点にあります。野鳥撮影や遠景撮影を行いたい場合には、望遠レンズに交換したり、庭先に咲いている綺麗な花を、背景をぼかしたまま撮影するにはf値の大きなレンズを使うなど、自身の思い描く理想的な映像を撮影するために、いかにカメラ設定やレンズをカスタマイズするかという点が、多くのカメラマンを魅了している点です。このレンズなのですが、同一メーカーであれば、基本的にはどの機種に対しても互換性があります。また、最近のレンズでは、自動手ぶれ補正機能を搭載している製品もあるのです。言い換えれば、一眼レフカメラのレンズは財産なのです。純正レンズは高価なのですが、他社による廉価版の販売もなされており、大人のみならず、学生であっても手の出しやすい価格帯となっています。

また、撮影時のカメラ側設定項目の多様さも、コンパクトデジタルカメラなどにはない点です。この設定をうまく設定できれば、独創性溢れる映像を残すこともできますし、デフォルト設定では撮影不可能な条件下でも、高画質で美しいシーンを撮影できるのです。このカメラとともに理想を追求する難しさと、撮影出来た時の達成感は、一眼レフカメラでしか味わえない感覚です。

しかし、もし使っている一眼レフカメラを使用しなくなった場合は、高額でカメラを買い取ってもらえる可能性が高いです。一眼レフはやはり人気の種類です。大切に扱っていれば、愛用していることが買い取り手も伝わります。使わなくなった時のことも考えて、大事に扱い保管するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です